オイルクレンジングとは?オイルクレンジングの特徴、メリット、デメリットなど

オイルタイプはメイクや汚れ落ちがよく人気の高い昔から人気の高いクレンンジングです。
しっかりメイクも落としやすく、ウォータープルーフのアイメイクを落とすのにも向いています。

 

その反面、肌への刺激が強いというデメリットもあります。

 

汚れ落ちがいい分、肌に必要な皮脂まで落としてしまい乾燥を招くこともあるので肌の調子がよくないときや肌の弱い方は注意が必要です。

オイルクレンジングはなぜ汚れ落ちがいいの?

メイクを落とすために必ずしなくてはいけないのがクレンジング。

 

メイクには油分が多く含まれていますが、この油分は油分でないと落ちません。
さらにその油分と洗い流す水分を馴染ませるための成分、界面活性剤が含まれています。

 

この界面活性剤が肌に刺激をあたえる成分です。

 

オイルクレンジングにはこの界面活性剤が多く含まれているため、肌に負担がかかりやすいのです。

オイルタイプのクレンジングの使い方

オイルクレンジングは洗浄力が強い反面、肌への刺激が大きくなります。

 

ですが、正しい使い方をすればそこまで心配することはありません。

 

オイルクレンジングを使うときの注意点としては、

 

●ゴシゴシこすらない
●長時間肌につけない
●オイルが残らないようによくすすぐ

 

そして肌の調子がよくない日やナチュラルメイクの日などにはなるべく刺激の少ないものを使うなど使い分けるといいですね。

 

逆に、しっかり濃いめのメイクをした日にはきちんと落とせるオイルタイプは便利です。

 

そしてオイルクレンジングを使ったあとはしっかり保湿するようにしましょう。