ミルククレンジングとは?オイルクレンジングの特徴、メリット、デメリットなど

界面活性剤が少なく、肌への刺激がいちばん少ないのがミルクタイプのクレンジングです。

 

さらりとして使いやすく、保湿効果も高いものが多いです。

 

反面クレンジング力は弱いので、アイメイクなどは専用のポイントリムーバーを使いましょう。
乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。

 

またナチュラルメイクのときや肌の調子がよくないときにはミルクタイプを使うといいでしょう。

ミルクタイプのクレンジングの使い方

ミルクタイプのクレンジングはさらっとしていてみずみずしい使用感。
洗い流すタイプと拭き取りタイプがあります。

 

乾いた手に適量を取ってから顔にのせます。
くるくると軽くマッサージするようにしてメイクと馴染ませます。

 

この時に、汚れ落ちが良くないと思って必要以上に長くマッサージしたり強くこすったりすることは禁物です。

 

あとはぬるま湯でていねいにすすぎます。

 

保湿力が高く、洗い上がりの肌はスッキリと落ち着いてしっとりとします。

 

拭き取りタイプの場合はコットンを濡らして優しく拭き取りますが、肌との摩擦が起こりやすいので洗い流すタイプがおすすめです。

 

クレンジング力は低いので目の周りなど肌の薄い部分はポイントリムーバーを使うようにしましょう。

 

もし目元などに使う場合は多めの量をとって優しく馴染ませるようにします。

 

あとはぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。

 

クレンジング後、W洗顔が必要なものもあるので各々の説明書通りに使います。